ノートパソコンを外出先で使う方法はいくつかあります。

どこでもインターネットを使うことが出来れば今よりも充実した毎日がそこにはあるかもしれません。

ポケットwifi(モバイルwifiルーター)を使う

ポケットwifi(モバイルwifiルーター)があれば、基本的にいつでもどこでもノートパソコンに限らずタブレットやスマホなどなどをインターネットに接続することが可能となります。

ポケットwifi(モバイルwifiルーター)とは無線LANのアクセスポイントを小型化したもので自分専用のアクセスポイントです。

また、通信速度も比較的速く、バッテリー持ちも◎となり、外出先でインターネットをがっつり使う人におすすめです。

ただデメリットとしては今よりもインターネット通信費用が増えることになるというところでしょう。
ですが、ポケットwifi(モバイルwifiルーター)があることでおそらく十分に満足の出来る外出先でノートパソコンを使う環境を作ることが出来ます。

WiMAXであれば自宅にインターネット回線を引かずにWiMAXひとつにまとめているという人もいます。
特にそういった使い方をする人は一人暮らしの人に多く人気となっています。

インターネット通信費用が増えるといっても3000~4000円ほどで、しっかりと選べば2000円台で抑えることも出来ます。

スマホのテザリングを使う

ただスマホのテザリングはいざという時に使うのが基本的な使い方です。

またテザリングが出来るスマホでなければ話になりませんし、大手キャリアで契約しているスマホとなるとオプションとして有料で事前にテザリングを使える様に申し込みする必要があります。

スマホはテザリングを使うといつもよりもバッテリーの消費が激しくなります。
テザリングを使い過ぎるとスマホのバッテリーが無くなるのでスマホを使えなくなってしまいます。

そんなこともありスマホのテザリングを使う人の中にはテザリング用にスマホを2台持っている人もいるくらいです。

スマホのテザリングでのインターネット利用はノートパソコンを外出先でがっつりと使いたいと考える人にかなり不向きな方法となりますが、ちょこっとだけノートパソコンを使いたいという人はそれで十分事足りるかもという感じです。

外出先でノートパソコンを使う為に今よりお金をかけたくないという人にはおすすめです。

Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)を使う

Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)を使うことでもノートパソコンを外で使うことが出来ます。

今現在はWi-Fiスポット(公衆無線LAN)はどこでもと言っても過言ではないほど街にたくさんあります。

例えば、ファミリーマートやローソンなどといったコンビニ、駅や空港、スターバックスやドトールなどといったカフェなどなどと。

Wi-Fiスポットはどこでもと言っても過言ではないくらいにありますが、厳密に言うとどこでもインターネットが使えるわけではありません。

当たり前ですがWi-Fiスポットがある場所でしかインターネットを使うことは出来ません。
Wi-Fiスポットの中には会員登録が必要となるところもあります。

※会員登録はWi-Fiスポットによって無料の場合もありますし有料の場合もあります

またそもそもWi-Fiスポットというのはその場で何時間もがっつりと使うものではありません。

そして誰もが使えるインターネット回線でもありますが多少のリスクもあったりします。

まとめ

ノートパソコンを外出先で使う方法は大きく分けて3つです。

  1. ポケットwifi(モバイルwifiルーター)を使う
  2. スマホのテザリングを使う
  3. Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)を使う

というかこの3つ以外に方法はないのではないでしょうか。

そしてこれらの中でも最もノートパソコンを外出先で使う方法としておすすめなのはポケットwifi(モバイルwifiルーター)を使うことです。
たまにちょっとだけインターネットを使うということであればスマホのテザリングはおすすめです。
Wi-Fiスポットはいつでもどこでもインターネットが使えるというわけではありません。

ノートパソコンを外出先で使っている人の多くが実際にポケットwifi(モバイルwifiルーター)を使っています。

で『ポケットwifi(モバイルwifiルーター)は何が良いの?とWiMAXとかY!mobileとか聞くけど・・・どっちが良いの?』となると私がおすすめするのはWiMAXです。

その理由はWiMAXの方ががっつりと使うことが出来るからとなります。

  • 通信利用料金
  • 通信速度
  • 通信容量
  • 通信制限
  • 対応エリア

などなどと非常にバランスが取れています。

Y!mobileは対応エリアには優れており田舎や地方などでも使うことが出来ますが、その分利用料金も高く、何より通信速度や通信容量など通信制限についてかなり厳しいので満足に使うことは出来ない可能性があります。

Y!mobileは通信制限があることが一般的ですが、WiMAXでは実質無制限でインターネットが使い放題となるのが一般的です。

ざっくりですが対応エリア以外ではWiMAXは圧勝しているでしょう。
WiMAXもよほどの田舎や地方でない限り人口カバー率90%以上となっていますのでそれほど問題にはならないかと思います。

WiMAXを契約する前にピンポイントエリアチェック(対応エリアチェック)をすることで解決しますので何の問題もありません。

WiMAXは契約・申し込みをするプロバイダによっては高額キャッシュバックもあったり、月額割引もあったり、多数のキャンペーンが展開されていますので、それらのキャンペーンを上手く使うことで唯一ポケット(モバイルwifiルーター)を使う上でのデメリットとなるインターネット通信費用もかなり抑えることが出来ます。