WiMAX2+のポケットwifiの通信モードには、

  • ハイスピードモード
  • ハイスピードプラスエリアモード

の2つがあります。

ハイスピードモード

ハイスピードモードとはWiMAX回線を利用してインターネットに接続する利用方法となります。

ハイスピードモードの通信制限には、

  • 月間7GBまで通信制限
  • 3日10GBの通信制限

といったものがあります。

基本的にこの2つがハイスピードモードの通信制限です。

月間7GBまでの通信制限

月間7GBまでの通信制限はWiMAXの通常プランにおける通信制限となり、月間7GBを超える通信容量となると通信制限がかかります。

通信速度が128Mbps程度の超低速

通信制限(月間7GBを超える)にかかると通信速度が128Mbps程度の超低速となります。

128Mbps程度の通信速度となると、WEB閲覧にも5~10秒ほどもかかることになるのでインターネットを利用することはとても難しくなります。

月間7GBの通信制限にかかると月末まで128Mbps程度の通信速度となります。

月間7GBの通信制限の解除方法

月間7GBの通信制限の解除方法は待つのみとなります。
ただただ時間が経過することを待つしかありません。
月を跨ぐと自動的に通信制限は解除されるので手続き等は必要ありません。

3日で10GBの通信制限

3日で10GBの通信制限とは主にギガ放題プランにおける通信制限となります。

3日で10GBの通信制限とは直近3日の通信利用容量の合計が10GBを超えると通信制限にかかります。

通信速度は1Mbps程度

3日で10GBの通信制限にかかると1Mbps程度の通信速度となります。

とはいえ、1Mbps程度の速度が出ていれば一般的にインターネットの利用にはさして支障はありません。

高画質の動画となると多少難しくなったり、オンラインゲームをプレイするのが難しくなったり、などはします。

逆に言えば、それくらいのことをしないと3日で10GBの制限にかかることもありません。

つまり、3日で10GBの制限にかかるのはかなりのインターネットヘビーユーザーということになります。

一般的なインターネットの使い方をしていて3日で10GBの制限にかかることの方が難しいです。

3日で10GBの通信制限の解除方法

3日で10GBの通信制限の解除方法は待つのみです。
ただただ時間が経過するの待つしかありません。

ハイスピードプラスエリアモード

ハイスピードプラスエリアモードとはWiMAXではなくau 4G LTE回線を利用してインターネットに接続する利用方法なります。

ハイスピードプラスエリアモードはWiMAXのポケットwifiの通信モードでも特殊な使い方です。

ハイスピードモードではインターネットが繋がりづらいor繋がらないといった場合に利用する通信モードとなります。

ハイスピードプラスエリアモードの通信制限での注意ポイントは2つ

1つ目の注意するポイントとしてはハイスピードプラスエリアモードはWiMAXを通常プランで契約していてもギガ放題プランで契約していても、月間7GBまでしか利用することはできません。

2つ目の注意するポイントはハイスピードプラスエリアモードで月間7GBを超えると通信制限にかかります。
そしてその通信制限はハイスピードモードにも同様に通信制限がかかることになるところです。

ハイスピードプラスエリアモードで通信制限にかかると月末まで128Mbps程度の超低速の通信速度となります。
ハイスピードモードの7GB制限の通信制限と同じ通信制限です。

ハイスピードプラスエリアモードの通信制限の解除方法

ハイスピードプラスエリアモードの通信制限の解除方法は月末まで待つのみとなります。
月を跨ぐと自動的に通信制限は解除されます。

まとめ

WiMAXのポケットwifiを利用して通信制限にかかった際の解除方法はどんな場合にしろ時間が経過するのを待つしかありません。

とはいえ、WiMAXのポケットwifiの通信制限はかなり緩くなっており、ほかポケットwifiと比較するとおすすめであることに違いはありません。

ハイスピードプラスエリアモードで通信制限にかかる際の2つの注意ポイントは非常に重要になってきます。

WiMAXのプランに関係なく7GBまでしか利用できないことと、ハイスピードプラスエリアモードで通信制限にかかるとハイスピードモードでも通信制限にかかってしまうというところです。

ですのでハイスピードプラスエリアモードを利用した後は必ずハイスピードモードへ切り替えるということがおすすめです。

知らず知らずハイスピードプラスエリアモードで利用していて通信制限にかかってしまったというユーザーも結構いらっしゃいます。

どんな理由があるにしろ通信制限にかかると時間が経過するのを待つしかありません。

ハイスピードプラスエリアモードで通信制限にかかるとインターネットの利用はほぼほぼ出来ないと言っても過言ではありません。